格安sim 縛り 違約金

格安simの契約に縛り(最低利用機関)はあるの?違約金はいくらくらい?

格安simは、近年人気があるモバイルインターネットサービスであり、プロバイダーなどが回線事業者から回線を借りて回線事業を行なって実現しているサービスです。
キャリアの回線プランを使いますと割引サービスがありますが、この割引を適用してもらう条件として、1年から2年間のプラン契約が求められます。
この契約期間中に解約をしてしまいますと、9000円以上の違約金が発生します。
格安simは、業者によって条件が異なります。
1ヶ月から1年縛りがある所もあれば、全く縛りが無い所も存在します。
その為、ユーザーは、自分に適したサービスや料金を提供している業者を探すだけでなく、縛りの有無も確認しておく事が必要です。
ほとんどの業者は、縛り無しでサービスの提供をしていますが、縛りがある場合には、業者の約款の規定通りに契約した期間以外で解約をしないようにしなくてはいけません。
しかし、格安simの最低利用期間以外で解約しても、ユーザーが大きな負担を背負う必要が無い方法も存在します。
それは、キャッシュバックキャンペーンを実施している他の業者にMNPで新規契約する事です。
現在使っている回線の違約金を新しく使う業者がくれるキャッシュバックで相殺するという方法です。
但し、この方法は、キャッシュバックの条件が一定期間の利用をした場合のみという場合、現在利用している業者の解約した直後にキャッシュバックがありませんので、自腹で払っておくといった事をする必要があります。
その為、次々と乗り換えるような使い方をしている人は、最低利用期間が無い所、あるいは最低利用期間があっても1ヶ月程度の所を選んで契約した方が利便性が高いです。
最低利用期間が6ヶ月から2年の所は、違約金として8000円から1万5千円というのが一般的です。
これは、キャリアで契約しているのと同じような金額ですので、月額料金と比較して、お得感が無いと感じる人が多いです。
格安simを選ぶ時には、最低利用期間がどれぐらいあるのかを必ず確認しておき、その条件で納得して使えるのかを考慮しておけば、安心して使っていく事が出来ます。
もう一つ注意するべき事は、格安スマホとして契約している場合、端末を分割で購入していますと、回線プランを解約しても端末の代金の支払いが残っているという事です。

これを支払わなければ、実質的に完全に解約した事になりませんので、違約金と共に確認しておくべき事項です。